BLOG

ブログ

2020Beyond

Blog 13 Act 2 Tap編「破」と「律」

井草 啓太で~す! 彼にとって、高松帰郷して初めてのホール公演のステージ! 小ホールとは言え、ステージ上でソロパフォーマンスをする。 観客の視線が集中するのは彼の鳴らすタップの音、一挙手一投足、タップを見るのが初めて!というお客さんも多い中、自分のタップでどこまで魅力を伝えられるのか?素人が見ても、凄い!な...

2020Beyond

Blog 9 Program 8 「はじめの一音」

1部のタイトルは「2020」お察しの通り、コロナによって舞台が中止になりしばらく路頭に迷った状態から、それでも奮起してまた前のように舞台で踊れるように出来ることから始めよう!と、12月の現状をリアルに表現した訳であります。 なので1部のラスト「はじめの一音」は「はじめの1歩」を踏み出すための勇気をもらいたく...

2020Beyond

Blog7 Program 6「それでも…」

それでも…の「…」人により後に続く言葉はいろいろ!自分に置き換えて見てほしくて、改めて考えてほしくて、「…」にしました。「それでも、生きていく」「それでも、舞台に立つ」「それでも、音楽をする」「それでも、立ち上がる」たくさんあってもいいと思うし、1つを貫くもかっこいい。 とにかく、情緒不安定ダンスからの「そ...

2020Beyond

Blog 6 Program 「渦巻く」

無音なステージから、高音で細い音が♪キ~~~キキキキ~~と静かに鳴り響きます。ちょっと耳障りのその音は、背筋がゾクッとするような、黒板に爪をあててギ~~とされた時のような・・・とにかく不気味なバイオリンの高音が響き渡ります。 演奏しながら登場するのはバイオリンの西浦先生です♡最初の登場がこの不快な音からで、...